「悪の階段」鈴木英夫 (Steps of Evil, Hideo Suzuki)  

監督・脚本:鈴木英夫
撮影:宗倉泰一

山崎努、西村晃、団令子

東宝、スタンダード、104分

団令子の人生をとうに諦めたような生気のなさが、B&Wの見事な照明、スタンダードのアップ気味の構図と相俟って美しく輝いた。山崎努のぬぼぅっとした暗さと殺意はまるでロバート・ミッチャムのようだ。首を絞めたり、狭いところで口づけを強要したり、切迫した画面は、スタンダードサイズによってさらに息苦しさが増す。強盗4人組が仲間割れで人数が減ってゆくごとに、西村晃がそのダークさを徐々に増してゆくという深みのある展開力に唸った。やはりこの時代の東宝は、中堅どころの俳優が素晴らしい。「非情都市」もそうだが、鈴木英夫は怯えた人間の無表情を撮るのが非常にうまい。

Advertisements

Tags: , , ,

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: