プラハ国際映画祭2010  Praha FEBIOFEST DAY 4

朝からHelena に付き合ってもらい、プラハ市街を歩く。2001年にKarlovy Vary 映画祭で来たときに、Praha Castle やCharles Bridgeなどいわゆる観光地は行ったので、プラハっ子しか行かない市街地を廻ったのだが、Michelle Forman “Amadeus”を撮影した修道院やギリシア正教の面影が強く残る巨大な教会建築はいかにも圧倒的で驚くしかないのだけど、やはりローマやイスタンブールで見たなぁと違いを区別できていない自分がいて、そんなことより、トラムを次から次へNYCの地下鉄のようにひょいひょいと乗り継いで行くのは爽快で、プラハではこうやって忙しく動いているんだ、とビジネスの息吹(といえば大げさだが)を感じることが出来たのは良かった。


夜、映画祭ディレクターのHana & Stefan に別れを告げようと、ホテルのバーへゆくと、そこにAlex Van Warmerdam (“The Last Days of Emma Black”, 未見)と Hugh Hudson が。Hudson は「Chariots of Fire (炎のランナー, 1981)」「Revolution」(1985, Al Pacino主演)ぐらいしか見ておらず、正直これといった印象は無かったのだが、Kubrick作品で「Eyes Wide Shut 」が一番ということで一致した。一方、3作連続で招待してくれたStefan夫妻は「そろそろ売れる作品を撮ったらどうだ?」と、心に痛い言葉を。仰るとおりで。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: