岡田監督批判を続けてきた評論家はどう切り返すのか?

W杯で日本代表が決勝トーナメント進出を決めたのは、ファンとしてとても喜ばしいことだ。中村俊輔や楢崎を外して、イキのいい松井や大久保、川島を登用した岡田監督の現場責任者としての才能と集中力に拍手を送りたい。 今後、さんざん岡田JAPANをこき下ろしてきたスポーツ評論家諸氏の対応が気になるところ。Twitter では岡ちゃん、ごめん!的な謝罪書き込みが多いらしいが、評論家はそれだけじゃすまされない。日々調子の波が浮き沈みする選手と対峙して、調整を続けるのが現場であり、それを調整試合の結果のみで評価するのには限界があることを、今回の代表躍進で思い知っただろうから、それをしかるべき批評として言説化するべきだろう。単にごめんなさい、悪かったではすまされない。この際、恥をかなぐり捨て、いかにスポーツ的感性がいかに自分から欠落していたのか、自己評価をやってもらいたいところだ!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: