Buddy Film「コップ・アウト 刑事した奴ら」

「コップ・アウト 刑事した奴ら」は、ルーザー達の友情を描くbuddy filmとして良品だ! ブルース・ウィルスはDH4に続き娘を男にもっていかれる寡夫がハマり役。しかも笠知衆ばりに娘を嫁にやるウェディングまである。傑作ではない良品がコンスタントに生まれるアメリカ映画は強すぎる。

悪役の「アジト」に潜入するシーンの演出についてだが、 凶悪な相手を前にして緊張感みなぎる形で忍び込むか、それともBuddy Film としての男達の絆と活躍ぶりを描くかで、カメラポジションの力点が変わってくる。前者は ”The Silence of the Lambs”, ”The Killing”, 後者は”Miami Vice”,”Hatari!”, 今作といったところ。 後者の場合、勝利はもう決まりきっているため、潜入捜査をbuddy たち(刑事)の背後から撮りサスペンス効果を高めようというより、「受け」のカメラ位置で、彼らの顔がはっきり見え、画面に位置づけることが重要になってくる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: