Nuclear Nation (仮題)進行中

3月末から福島第一原発事故による避難民の方々を追っている。
震災からの復興が日常化しつつある今、まだ出口が見え無いどころか状況が悪化しているのが、彼らの避難生活だ。セシウム汚染牛追跡や紛争審・東電の切った張ったに目先がいってるメディアは、未だ311以来の避難生活が何も変わらず続いている、その時間の重苦しさを描くことを避けている。

5月下旬から始まった一時帰宅は、8月いっぱいでようやく一巡する予定で、人々は警戒区域の中にある我が家へ2時間ばかりの立ち寄りが許されている。度重なる余震で家が傾き雨漏りから居間に雑草が生えていたり、野生化した猫・犬に荒らされていた家も少なくない。彼らは口々に「もう戻れないだろう」と失望を語っている。

まだ出口が見えない避難生活に僕らはずっと張り付いている。
今年いっぱいかけてドキュメンタリーとしてまとめようと思う。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: