小出裕章先生NY講演

NYC, Holy Trinity Lutheran Churchで小出裕章先生の講演を拝聴。

先生の言葉は、真摯という形容詞が軽く思えてしまうほどに、高潔でかつ鬼気迫る執念に満ちていた。

日本各地で話されているだけに、プレゼンもとても明快で、「ヒロシマ原爆400個、500個に相当するセシウム137が放出されている」ことを、チャートで示されると、既に見聞していてもやはり、その甚大さを痛感。ところところで言葉を区切り、「原発を推進してきた人間みんなを刑務所にいれてやりたい」など、原子力研究者として矜恃をぐっと込めたり、線量のある福島近県は今すぐ避難するべきなのかどうかと質問されて、「答えられない。今ではみなさん線量も被爆も十分承知しておられて、しかし、仕事や生活のことがあるので、苦渋の決断で避難しない方もいる。自分で判断していただくしかない」 と応える実直さは、易々と安心を請け負う御用学者とは真逆の、理性だと思った。

photo.JPG

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: