Edinburgh IFF Report

“Nuclear Nation” was screened at Edinburgh International Film Festival.
Moderated by Chris Fujiwara, artistic director of the festival, Q&A session and discussion with me and the audience were very intense. The topic includes: today’s dilemma of Fukushima refugees, moral hazard of using nuclear power, Japanese history of atomic energy and bombs, media ethics, etc.

Prior to the screening “Fukushima & Documentary,” a discussion event was held at St. John’s church.
I talked about the human cost of this nuclear crisis with Toshi Fujiwara, director of “No Man’s Zone.”

P1030696.JPGP1030537.JPG
P1030580.JPG
Opening Night Gala!
P1030578.JPG
Artistic Director Chris Fujiwara & Atsushi Funahashi
P1030610.JPG
P1030732.JPG
An interesting coincidence was that his Holiness 14th Dalai Lama came to Edinbrgh to give a lecture on that day.
We shared some audience and heat to the theme: human ego in modern civilization. (Atsushi Funahashi)
DalaiLama6-22-12.jpg

「ニュークリア・ネイション」が正式招待を受け、6月22日に上映された。
今年から映画祭のアーティスティック・ディレクターを努めるクリス・フジワラ(日本ではオットー・プレミンジャー研究などアメリカ映画史家、批評家として知られる。アテネ・フランセでのアメリカ映画についての充実した講義シリーズが記憶に新しい)が司会で、ポスト・フクシマの映画と社会の関係、日本の現状についてディスカッションが行われた。スコットランドの観客の問題意識もとても高く、大飯原発再稼働、首相官邸を取り巻くデモについて知っている方までいたのには驚いた。

その日の前日、エジンバラ市内目抜き通りにあるSt. John 教会で ”Fukushima & Documentary” と題した公開フォーラムが開かれた。僕と「無人地帯」の藤原敏史さんが招かれ、フクシマの責任の所在、社会問題を映画で描くことの倫理性などについて討議した。

偶然ではあるが、その日ダライ・ラマ14世がエジンバラを訪れ講演会を行った。出席した方でNNの上映にも来られた方も多数いたのだが、人間のエゴと文明というテーマが共通していた、とのことであった。  

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: