9.11.2013

_DSC2758.JPG

今日で911より12年が経つ。

そして311より2年半が経った。

両方を経験した僕にとり、「はたして世界は良い方向に向かっているのか」
という質問は、とても暗い響きを持っている。

911は、社会に”敵意”が満ち、国が戦争に向かうというのはこういう事なのか、という恐怖を体感した。

311では、天変地異の前での人間の無力さと、当たり前に消費してきた”電気”=文明が他人の犠牲の上で成立していて、その犠牲に対する落とし前は誰もつけない無責任社会に自分は生きているということを痛感させられた。

ともに、自分よりも遥かに大きい国や社会/集団に対しての絶望感を前に、途方に暮れる体験だった。

そして、社会インフラを消費し、税金を納め、(一国では)選挙権もある自分にも責任があるということを思い知らされる出来事だった。

だからこそ、日々の雑務から一歩引いてみて、「世界は良い方向に向かっているのか」という素朴な問いを、自分自身や隣にいる友人に投げかけてみるのは、大切なことじゃないだろうか。

このごろ、よくそう思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: