「ダゲレオタイプの女」(黒沢清 2016)

maxresdefault.jpg
黒沢清監督初のフランス語作品「ダゲレオタイプの女」拝見。

初期写真技術の現像液の水銀と毒薬に身体を侵された人間たちが、半死半生の世界を漂い続ける。

フィルムの銀盤に身を委ねることは、死への彷徨なのか、永遠の生なのか。

人物たちが生きているのか、死んでいるのか、という基本的な問いだけで、胃が引きちぎれそうなサスペンスを演出してみせる黒沢さんの手腕に脱帽。

自分の理解できない言語のドラマを演出することによる、画面の乱れが皆無であることは、本当に信じ難い。

傑作!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: