2017年の映画・ベスト

お粗末ながら、わたくしめの2017年の映画ベストテンです。といっても、順位をつけるのは映画に反すると常日頃いっていますので、良かった映画のグループ分けだと見なしてください。

ーーーーまちがいなく傑作ーーーーー

24FRAMES    A. キアロスタミ 
希望のかなた    A. カウリスマキ
甘き人生      M. ベロッキオ
ELLE        P. バーホーベン
Paterson       J. ジャームッシュ
予兆 散歩する侵略者    黒沢清
Stranger by the Lake   A. ギロディ
    (製作年2013だが日本上映が今年) 
ファンさん       ワン・ビン
トトと二人の姉      A. ナナウ
泳ぎすぎた夜       D. マニヴェル & 五十嵐耕平

ーー首位グループには入らないが、傑作ーー

ローガン           J. マンゴールド
氷の下 The Conformist    蔡尚君
ありがとうトニ・エルドマン  M. アデ 
ライオンは今夜死ぬ       諏訪敦彦
息の跡             小森はるか
Ryuichi Sakamoto: CODA    S.N.シブル
沈黙 SILENCE         M. スコセッシ

あえて入れない)
ダンケルク      C. ノーラン
人生タクシー     J. パナヒ

どこにも属さぬ至高の別格)
牯嶺街少年殺人事件 4Kレストアバージョン   E. ヤン

ーーーーーーーーーーーーーー

上位は、作家による視点の強度を持った作品ばかり。

Youtube の映像が氾濫する今日において、誰でもなんでも動画を撮れてしまう。

しかし、世界に対する切り口 FRAMEを示すのは、鋭い知性と胆力がなければできない。

映画はこうなんだぞ、と静かに力強く語る作家たちの作品が残ってゆく、と思う2017年でした。

29253id_150_w1600_original.jpg

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s