Archive for the ‘politics’ Category

堀江氏発言「生活保護世帯への進学支援「無駄遣い」」は間違っている

December 12, 2017

今朝の朝日新聞/日刊スポーツ: 堀江貴文氏、生活保護世帯への進学支援「無駄遣い」
http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01712125414.html

この堀江氏の発言、2つの意味で間違っている。


「優秀な学生には返さなくて良い本当の奨学金がすでに支払われる枠組みがある」というが、給付型の奨学金は、ごく一部。しかも授業料、生活費を全部カバーしてくれるわけではない。日本の奨学金は、殆どが貸与型。しかもこれも全部カバーしてくれず半額以下が殆ど。
だから、低所得で優秀であっても大学など高等教育が保証されているとは全く言えないのだ。

大事な認識は、日本の奨学金が先進国の中でも圧倒的に最低レベルだということ。

欧州に比べると、天と地の違いである。
ドイツなどは外国からの移民も含め、授業料はなし。
アメリカは学費はバカ高いが、学生全体の約70%が奨学金を受けており(日本は10%以下!)、州政府の公的な給付型と、スタンドフォード奨学金の無利子貸与型と、それでも足りない学生のためのパーキンス奨学金(利子あり貸与型)の三段階を併用でき、どんなに低所得でも学費&生活費をカバーしている。


「税金で高等教育をあまり役に立たない人に施すのは間違ってる」
→これは、教育の機会均等の理念を真っ向から否定する、エリート主義の選民思想で、低所得層の個人だけでなく、長い目でみると社会と国そのものを荒廃させる。
バカは教育しなくていい。早いうちから篩(ふるい)にかけてしかるべき所で働かせるのが社会のため、というのは、いかにも前近代的な二元論。

教育の効果は個人に帰属するのではなく、国家・社会に還元される。

そんな理念を掲げて、社会を形作ってゆくべきなのだ。
(原発ナシの生き方を選ぶ、という理念を掲げて、脱原発したドイツは、まさしく日本の逆で、理念をまず大切にする)

これは日本の教育システム=政治の根本的問題であり、堀江氏の非では全くないが、そんな理念意識も希薄で、機会均等が全く整わない日本の狭い社会のなかで、弱いものを蹴落とすセコい選民思想は、さらに社会をやせ細らせてゆくのだ。

だから、「バカとエリート」の選別・最適化という一見正しいかに聞こえる考えは、間違っている。

まずは、高等教育にも機会均等を成し遂げるべきであり、アメリカの高額授業料&奨学金フル補充型に向かいつつある現状よりは、ドイツ型の無償型に行くべきだと、僕は思っている。

Advertisements

寄稿「どん引きしている人へ――最低限の選挙マニュアル」 

July 9, 2016

ポリタスへ拙文を寄稿しました。

「どん引きしている人へ――最低限の選挙マニュアル」 舩橋淳(映画監督)
http://politas.jp/features/10/article/516

【慰安婦問題日韓合意について私見まとめ】

December 30, 2015

ネット上でいろいろ賛否が錯綜していますが、僕の意見をまとめてみます。

●まずは、「日本政府が軍の関与や政府の責任を認め」たことは、素晴らしい。素直に評価すべき。

●安倍政権の姿勢からは、まったく予想だにつかなかった急展開。
 背後にアメリカからのプレッシャーを見るもの、来年夏の参院選への布石と読むもの、さまざまな憶測が飛んでいる。確かに「騙されないぞ」という懐疑的姿勢は必要だし、「軍の強制性はなかった」という重箱の隅の議論に終始し、歴史を直視しようとしてこなかったこれまでの言動から180度転換は、何かしら打算があると読むのが妥当かもしれない。

●その証拠に、10億円規模の日本政府からの拠出は、ソウル日本大使館前の少女像移転が交換条件だという。へ、なんで?という感じ。
 責任を認めているなら、被害者への哀悼とお詫びの象徴としての少女像を受け入れるというのが素直な解釈であるが、ここが安倍政権の二枚舌。
 政権の保守派支持層への顔向けとして、頑として譲らなかったそうだが、結局は少女像は「日本への侮辱」として捉えているということの表明になる。
 
 つまり、一方で罪を認めながら、もう一方で罪を認めていないということ。

女性の人権を蹂躙したことを心から悔い、その罪の重みと向き合い、二度とそれが起きないよう後世へ遺してゆこうという、真っ当な贖罪姿勢より、打算含みの政治的妥結のように見える。
 
●もっとも注目すべきは、慰安婦だった被害者がまるで置いてきぼりのまま、「最終的かつ不可逆的解決」が決められたこと。

 当事者が遠く離れたところで、政治だけが上滑りしているのは、どこの国にも見られるが、特に安倍政権の“無視ぶり”は常軌を逸している。
 沖縄基地問題、原発事故、震災復興、再稼動問題・・・・一番下の市民と、政治の「判断」が遠くかけ離れ、かつ「最終的」結論と言われることの不条理が続いている。

●しかしそれでも、どんなに政権不信があろうとも、大きな視点で捉えれば、これは進歩とみるべき。事実として政府が公式に「慰安婦問題の責任は、日本政府と軍にある」と認めたことは歴史的進展であり、この合意を負の歴史の直視のための次なる一歩に利用すべきだと思う。
 
http://www.asahi.com/articles/ASHDX51J5HDXUHBI00X.html

http://www.asahi.com/articles/ASHDX5HX3HDXUTFK00Y.html

プレイングマネージャーの痛み  

July 6, 2015

映画「選挙フェス!」(杉岡太樹監督)

 現代の社会活動の最も過酷なものの一つといえるだろう、「選挙運動」がいかに一人の若者の精神と肉体を蝕み、同時に刺激し、高揚させ、有り得ない高みに突き上げてゆくのか。究極には自分の主体性と指示によってしか動かないスタッフやメディア、支援者の中で、一人で全てを企画し突き詰めてゆくしかない孤独は、その若者を追いつめ、ボブ・マーリーやディエゴ・マラドーナ(もしくはキング牧師)のごとく歴史上のアイコンになれると本気で自分を信じ込ませてゆくしかない、神経症的な重圧状況が説得力のある形で画面に押し寄せてくる。そんな極度のインテンシティに、三宅洋平だけでなく、見る観客へも圧倒的な陶酔と憔悴をもたらすのがこの作品の強度と言える。

三宅洋平自身の人としての魅力は、充分に描写されている。支持者との論争で、とことん腰を据えて話そうとする三宅の姿勢は尊敬できるものだし、ステージ上/演壇上で、次から次へと言葉を音楽的に繰り出してゆくグルーブ感は突出しており、それは彼の突出した才能だと納得する。

本人の語る素晴らしい(皮肉でなく)政策と理想があろうとも、そんなことお構いなしに起きる現場での細々とした問題。日々の「選挙活動」の雑用の中で、ボランティアを束ね、現場のスタッフを刺激し続けるプレイングマネージャーの辛さは、ひりひりする。

とはいうものの、そんな三宅がどう社会に受け入れられているのかという描出が少し弱い。三宅洋平個人に張り付きすぎて、若者の中に生まれた新たな民主主義への熱気のような社会現象まで見えてこない。

そんなこと報道で知ってんだからいらない、という声もあるだろう。しかし、本人が「選挙=一滴の血も流さない革命」というのだから、社会がどう変革しているのか、小さな窓から外の社会の何が見えてくるのか、外への穴を穿とうとする視点があるべきでは、と思う。

作品の強度は圧巻であるので見られるべき一本だろう。

2014年衆議院議員総選挙について

December 13, 2014

今回の総選挙について私見を書きました。
ぜひ読んでみていただきたいです。

ポリタス【総選挙2014】
安倍政権のその後を見つめる峻厳な覚悟

http://politas.jp/articles/285

福島県知事選挙雑感 10.27.2014

October 27, 2014

IDOGAWA.jpg

昨日投開票された福島県知事選挙は、大方の予想通り内堀雅雄氏の圧勝だった。
熊坂氏、井戸川氏の奮闘も虚しく大差が付けられたのは、福島県民が両氏の政策と内堀氏の政策を精査して内堀氏を選んだというよりも、最初から内堀氏しかいないと踏んでいた層が圧倒的に多かったということを示している。

選挙期間中、私も内堀、熊坂、井戸川、三氏の選挙戦の撮影を行った。福島、郡山などの人口集中地帯の都市部での街頭演説から、山間部の町や村での遊説まで。そこで見たのは、自公民、主要政党が相乗りで支持した内堀氏の選挙体制の盤石さだった。人数も数十人体制で、自民党の有力議員などの地元などすでに固まった派閥の元に落下傘的に降り立ち、その自民議員が内堀氏の手を取り、その地域一体で内堀氏を押すぞ!と一体感を演出する。例えば、郡山の自民有力議員・柳沼純子氏の事務所前に地元の人々数百人を集め、まず柳沼氏の演説の後、内堀氏が紹介され、登場、参加者全員に丁寧かつスピーディーに握手をして廻る姿には圧倒された。両脇に、握手の誘導係、少し離れてタイムキーパー、警備員、地元有力者に別個で挨拶する幹部など、スタッフワークで一挙に全員の意志統一を図る。所要時間約15分。最後は万歳三唱で送り出す。旧態依然だが、圧倒的な集客力、ブレインウォッシュ力。選挙隊が立ち去った後も、私は残って地元のある女性(60代)に「なぜ内堀さんを支持しようとおもったんですか」と尋ねてみた。「わかんね。けど、他に誰もいないでしょ。ここの皆があの人っていうからね」とその女性は言った。他に数人その場にいた人々に話を聞いたが、やはり内堀氏を積極的に押すというよりは、自民支持層の地元が押す人だから、という理由が大半だった。「他の候補者はいかがですか」と尋ねると、ある男性は「どこの誰かわかんない。みな小粒だ」と相手にしていないようだった。さらに、この近辺のJAも内堀さんを全体で押すことを決めたということだった。福島県産の食物を「食べて応援!」という内堀氏は、県中の農協関連から支持を受けていた。このようないわゆる組織票が、今回の圧勝劇を生み出したといっても過言ではない。
 熊坂氏は、反原発の諸氏から大きく擁護され、医師であり、福島県出身であり、かつ市長を三期続けた実績もあり、「人ウケ」は安定していた。町場の街宣でも、内堀氏にまさるとも劣らない大人数でビラをまき、力を入れていたのは分かったが、内堀氏のような落下傘爆撃型遊説とは、効率が違った。実際、殆ど人が集まらないところで演説している箇所もあった。
 井戸川氏は、さらに規模が小さかった。前双葉町長であり、美味しんぼ問題などで一応顔は知れ渡っていたのだが、選対は全てボランティア。政党の支持も受けておらず、自民の地盤で超安定の内堀氏はもとより、共産・革新のバックアップを受けた熊坂氏ともマンパワーで大きく水をあけられていた。県中を廻ると、選挙公報板に必ず内堀、熊坂両氏のポスターは張られていたのに対し、井戸川氏のポスターが見えない箇所が目立った。政策の議論・選択を行う以前に、選挙戦の声が届いていないところが圧倒的に多いのが現状だった。
 私は、ここに日本の戦後展開されてきた、自民党主導の選挙体制の壁があると思う。内堀氏約49万票、熊坂氏約13万票、井戸川氏約3万票という圧倒的な開きは、其々の選挙体制で決してしまっている。つまり、公示日前の体制作りでほぼ決まってしまうのである。主権を持つ国民が主体的に投票するというよりも、システムによって主体が奪われ、無盲目に他の皆と同じ人に投票をするように誘導されている人口がとてつもなく多いのである。これは組織票、とひとくくりにしてよい問題ではない。日本人の個人の主体性がかぎりなく希薄になっているのである。
 政策について話をすれば、三氏が福島県内の原発10基全廃炉(県内脱原発)、再生可能エネルギー拠点を作る、という点が共通していたので、その時点で原発問題は争点でなくなってしまった。被ばく対策に関しては、子どもを疎開・保養させるなど、井戸川氏が具体策を出していたが、県内で撮影をしながら感じたのは、被ばく問題を喫緊の問題に感じていない人の多さだった。「もちろん被ばくはしたくないけど、今の線量のままなら、被爆者手帳とか作ってちゃんと検査だけやってくれれば。」という旨の意見がよく聞かれた。つまり、事故から3年半以上も暮らし続けている県民にとって、今の場所に住み続けることをとっくの昔に選んでいるわけであり、これからの暮らしがどうなるかを示して欲しい、という方が大きいのだった。熊坂氏も「国に直言、県政を刷新!」と打ち出し、福島県だけでなく全国の原発を即廃炉を求めるとしたが、それは福島県人にとり、正直ピンとこない話だし、打ち出したメイン政策<原発被害対策の総見直し(避難者及び帰還者の生活再建支援など)>は、素晴らしい具体策が多く用意されているのだが、大まかな方向性は「避難地域を復興させ県全体を元気にする」という内堀氏の政策と一致してしまい、何が違うのか、という印象を与えてしまった。それは、内堀陣営の周到な戦略がある。同氏の政策を述べたホームページを参照いただきたいが、全く盤石(かつ玉虫色)で間違いのない政策を、具体策のないまま、ざっくりと提示している。それは、詳細を読まない人間にとり、「まぁいいんじゃないの」と思わせるには充分なのだ。
 細かな政策を精査し、投票行動に結びつける、ということ自体が、日本の選挙文化に根付いていないという思想的欠陥が、長いものに巻かれるしかない、小粒に票を入れても仕方ないというマインドを生む温床となっている。本当に残念ながら。
 争点がぼやっとしたまま、一強多弱の構造で選挙が進んでしまう時、旧来の保守・革新という政治哲学すら消え失せ、継続か刷新か、change かno change かの抽象的な二者択一のみが残る。そうなったときに今の日本の群集心理がどう働くか、今回の選挙が如実に示した。投票率は、過去最低だった前回につづく45.85%。日本人はデモクラシーを捨てようとしているのだろうか。組織票から遠く離れて、自分の意見を主体的に投票行動に結びつけてゆく、カルチャーを醸成してゆかないと、この日本は変わらないのではないか、と私は感じた。 
 文句・批判を述べ立てるのは、容易である。教育やアート、言論形成のイベントやディベート大会など、個人が出来ることもたくさんあるだろう。私自身も出来ることをやっていきたいと身につまされる経験であった。

【都知事選投票日に思う】

February 9, 2014

img_521936_9870793_0.jpg

昨晩、細川さんと小泉さんのラストランを目撃しようと新宿アルタ前へいった。

元首相二人のナマの訴えを聞いて感じたのは、細川さんの「死んでもいい」という決死の覚悟。

吹きすさぶ大雪の中、黒澤明監督「生きる」のブランコのシーンがふと思い浮かんだ。場末の某市役所に勤める男が、定年間近に自分の生きて来た役人人生を後悔し、命を賭してほんの小さな公園を作ろうと奮闘する、という物語だった。

あの志村喬演じる市役所職員の鬼気迫る顔が、雪の中、か細い声だがそれでも目の輝きだけは死んでいない、細川さんと重なった。
はっきりいって口下手だ。横に入る小泉さんの方がよっぽど演説はうまい。

しかし、「原発政策を支持した、自分は間違っていた。子供たちへ、孫たちへ、核のない世の中を残すため、人生を捧げたい」という彼の思いは、心の奥底から、存在全体から発せられているものだった。

聞いているうちに、自然と涙腺が決壊していた。

「生きる」の志村喬(僕は黒澤明自体はそこまで評価しないのだが、「生きる」は別格の傑作だと思っている。)は、世間の無関心に晒され、孤独に闘い続けた。自分の人生を悔い、残りの命を捧げる覚悟を決めたものだけが放つオーラ。細川さんにもそんなオーラがあった。

僕は、これだけ本気の細川氏を支えたい、と心から思った。
原発は、目先の景気・雇用の問題ではない、日本全体、人類全体の問題であると深く、深く悔いている人の覚悟がそこにあった。

何をエモーショナルになっているのだ、他の政策だってある訳だし、脱原発だけで選挙を判断できる訳ないだろう、という意見もあるだろう。

細川さんを支持する論理背景はここに書いた。8000人以上にツイート、シェアしてもらい、ポリタスで最も共有された記事になった。

「今は平時でなく、戦時になりつつある〜圧倒的な危機感という視点〜」
http://politas.jp/articles/83

とりあえずの安心・安全を求める気持ちを、もう一度見直そう〜(続)圧倒的な危機感について〜
http://politas.jp/articles/94

このようなロジックと、決死の覚悟へのエモーショナルな共感。

都知事選投票の今日、この両方のレベルで細川候補を断固支持したい、と思う。

舩橋淳

P2080236.JPG

とりあえずの安心・安全を求める気持ちを、もう一度見直そう 〜(続)圧倒的な危機感について〜

February 7, 2014

昨日アップした拙文「今は平時でなく、戦時になりつつある〜圧倒的な危機感という視点〜」。リツイート、シェアあわせて6000人以上の方が賛同してくれています。ありがとうございます。

しかし、です。

今朝、東京新聞をみてびっくりしました。「都知事選世論調査 脱原発票割れる 舛添・細川・宇都宮氏に」という記事です。

しばらく考えて、なるほどと思いました。舛添氏の原発政策「原発依存は減らす。再稼働は慎重判断」が、実は多くの層をカバーしているのではないでしょうか。

「原発は国政の問題だし、再稼働すれば電気は送られてくるかもしれないけど、原発は東京都内にはない。だから都政が関与する筋合いはあまりないのでは。」

という「なんとなく」の空気です。

それが、

「まぁ急がなくとも少しずつ原発依存を減らせば良い。急にゼロにすれば、経済やいろんなところに支障が出る」

という安心・安全マインドを生み、

「原発よりも大事な福祉、医療、景気対策という都民の生活に直結した問題をしっかりやってくれる人の方がいい。原発、原発と叫んでいるのは、なんかコワい。行き過ぎじゃないか」

「舛添氏に入れておいて問題はないだろう」

となる。

これが、問題なのです!!!

私たちの心の中にある、安定を求める欲求が、”悪”を生むときがある。ヒロシマ、ナガサキの悲劇を経験した日本人は

「二度と核を悪用させてはならない。そのために平和利用をしよう!」

として、1950〜60年代に原発をアメリカから輸入しました。原子力は未来のエネルギーだ、という巨大キャンペーンに私たちは乗っかってしまった。世界平和のために、そして資源のない日本の将来の安定のために、原子力はうってつけだ、と思ったのです。

善意の束が、”悪”を生んでしまったのです。

そして、今回、福島の事故がありました。今後数万年も管理しなければいけない核のゴミも出ました。自然や食物や飲料が放射性物質で汚染され、今もストップできていません。いまだ最終処分場も決められていません。今から生まれてくる子供達に巨大な負の財産を残すことになってしまった。

政権が原発再稼働をしようとするのは、電力会社の経営問題からであり、利権を維持しようとする企業の集まり(原子力ムラ)が政治と行政に働きかけているからです。

福島の事故で我々は思い知ったわけです。安全・安心を求める気持ちが、悪に繋がってしまうということを。

いま安倍政権は、ゆっくりゆっくりと戦争のできる国へと向かっています。戦争は、緊張状態が高まったとき、ほんの些細な、ローカルな武力衝突から起きます。

安倍政権は、韓国と中国との対立を煽り、国境問題や歴史認識で挑発し、同時に軍備、徴兵制の充実に注力しています。

舛添氏を信任するということは、安倍政権を信任するということです。現状維持を認めれば、この政権は核(原発)を動かし、静かに静かに戦争に向かってゆきます。

安全・安心を求める気持ちをもう一度見直し、本当に舛添氏でいいのか、吟味してください。そして、その危機感を友人や家族と共有してください。

もう一度言います。

とりあえずの安定を求める気持ちが、「悪」となることがあるのです。

変革を起こしましょう。