Downhill  ダウンヒル A. Hitchcock

March 23, 2017

E241D4B0-3505-4A63-8D3A-D0D98CADF028.jpg

1927 105 min
Ivor Novello as Roddy Berwick
Isabel Jeans as Julia Fotheringale

Hitchcock 9  東京プレミア2日目。

朝から眠気に勝てなかったのですべてははっきりと覚えていないが、ヒッチコック・サイレント初期にあって、台本をそのまま引きで撮っているという感がいなめない。いくつか、主観ショットをベースにしたサスペンス演出が、ヒッチコックらしいといえばそうだが。

悪女が次から次へと登場し、主人公(美男子)はダマされ続けるというプロットはヒッチコックらしい。まるく太った女性が何人もでてくるというのは、時代性というより、明らかにヒッチコックの好みなんだろう。美男子を老女相手にジゴロさせるマダムとか、あの大仰ななりの人物が次々にでてくるあたりはおもしろい。

「人生の下り坂」とかけて、エスカレーターの下りを見えるという「ナイーブ」(後にヒッチコック曰く)なショットなど、エレベーターの「DOWN」ボタンを押したりと、とにかく「下り」にこだわりまくったビジュアル。

途中フィルムの色が変わる。アンバートーンから、緑っぽいトーンへ。
それは、「悪夢」としてディゾルブを使うより、色のトーンを変えて、いつの間にか悪夢の中にいるという演出だったそう。フィルムをヒッチコックが染色したそうだ。

主人公のRoddy(Ivor Novello)が、悪女にダマされ続ける中で、だんだんと悲壮感が漂ってくるあたりは素晴らしい。

全体的に舞台のようなスタジオでの立ち芝居が続くだけなので、それが厳しかった。初期は演出がまだまだなのかもしれない。次から次へ畳み掛けるというよりは、まったりとしている会話劇が長いと感じてしまう。

ただ引きのショットで見せきるセンスはすばらしい、それは後にさらに磨きがかかってくる感性だ。

<自分の加害について考える日>

March 11, 2017

今日で震災から6年。

今月末には浪江町、飯館村、来月には富岡町の避難指示が解除されます。

福島原発事故は収束したのか。

そんなことありません。
それぞれの町は帰還政策を押し進めるしかないよう、追い込まれているだけ。生まれるのは、帰る人と帰らない人の分断。
高齢者ばかりの町と、離れてゆく若い世代の乖離。

なぜなら線量はまだあるから。
福島では不安を払拭するといいますが、不安=精神的苦痛ではなく、実害です。

線量をなかったことにする、臭いものにフタをする、見なかったことにする、という政府の判断が、町を粉砕している。

そして、大事なのは、その福島からの電気を使い続けてきたのは、僕たち関東の人間であること。僕らも加害の一旦を担ってきた。遠く離れた寒村に臭いものを押し付ける「犠牲のシステム」に加担し、涼しい顔で毎日を過ごしてきたのです。

そんな僕たちにできることはたかが知れている。
しかし、最低限できること・・・この日311は、自分の加害について改めて思いを巡らせたい。

かつて拙作「フタバから遠く離れて」を撮りつつ書いた文章、今も考えは変わらないので、自戒も込めてここで掲載します。

—————————————————
原発事故は遠い昔の出来事だったかのように、風化が進んでいる。

その中で原発避難民を映した映像は、メディアのここかしこに散見されるが、それはみな「被害者」「かわいそうな人たち」というレッテルを張った描写である。

それを見て「ああ、かわいそうだ」と思うもの

「そんな話題、もう見たくもない」と思うもの

こうした認知の在り方そのものが僕はおかしいと思う。   

その認知全体をひっくり返し、見直したいと思う。

なぜか。

福島第一原発の電力はほぼ100%関東圏に送られて来た。
僕たち東京の人間、都市部の人間が使って来た電気である。

そして、60年代〜日本の高度成長の中、「原子力 未来の明るいエネルギー」(双葉町に架かっている標語アーチ)として原子力のポジティブなイメージを支え、原子力にGOサインを出してきたのは、僕たち日本人全員、日本社会そのものだからである。

元は、原爆と同じ核の毒であり、悪魔に魂を売ったゲーテのファウストのように、その大きなしっぺ返しを受けながら、それが自分達に起因している
ことをどうしても認めたくない。

そんなしっぺ返しの強烈な<痛み>に対し、僕たちは距離を置いて直視を避けている。他人のせいにする方が楽だから、国と東電を責める。

遠く離れることで、それを直接には感じなくなることで、
うやむやに過ぎ去ってゆくものがこの世の中に、たくさんあるということ。

原発避難民は「かわいそう」なだけじゃない。

僕たちもその加害の一端を担っているのだ。

正義の欠如に僕たちも加担しているという不都合な真実。

今の国の態度は、金と権力と歪んだ理屈でムリヤリで黙らせようという前近代的なやり方。(それは、いまの首相にせよ、県知事にせよ、また世界のあらゆる国で見られる市民の弾圧である)

住民説明会では、環境省が中間貯蔵施設の補償を、東電が賠償の窓口とする、という縦割りが徹底され、すべて事務的な補償<金目>の議論に落とし込まれている。

そもそも誰がこのような犠牲を押し付けるのだろう?という問いは、議論されない。

そうすることで、国は責任追及は免れる、
のではなく、「僕たち」が責任を免れている。

巨大な責任回避装置を私たち自体がサポートしている。

他人の痛みを思いやるだけじゃ足りない
自分の加害について思いを馳せる 

それがぬくぬくと電気を使いつづける、悪魔に魂を売り続ける、私たちが感じるべき、ささやかな倫理であると思う。

「息の跡」小森はるか

February 19, 2017

映画の画面、ワンショットごとに血を通わせること。
それが巨大震災に映画作家が向き合う唯一の方法であることを、小森はるかは誰に教わることもなく知っていた。荒れ果て、人気(ひとけ)もなくなった荒野が、一人のたね屋のつぶやきで、まるで違った風景に見えてくる。

彼女は、ひとりたね屋の定点観測を続ける。たね屋は、悲しみが深まることを避けるため、母国語でなく英語、中国語、スペイン語でつぶやきを続けてゆく。すると信じ難いことに、言語によらずともはみ出してくる、情感だけがこちらに浄化され伝染してくるのだ。たね屋の魅力を見いだし、キャメラとともに根気強く付き合い続けた彼女の胆力にひたすら感動した。

映画と震災の美しく、正しい接点に触れた気分である。

146E40D7-27EE-493E-A3EC-2C409257D64A.jpg

SILENCE  Martin Scorsese

January 22, 2017

silence-martin-scorsese-andrew-garfield-adam-driver-liam-neeson-1-22-at-10.34.40-PM.jpg

「沈黙ーサイレンスー」 2017  原作:遠藤周作

内心の自由とはなにか、強く問いかける作品。
信仰とは本質的に、内的なものであり、他人に伝播し得ないもの。
だからこそ、それを布教しようとしたときに様々な矛盾と問題、対立が起きる。
ポルトガルによる布教、その権力と結びついた日本への布教作戦をとくと見せられるのだろう、と高を括っていると、実は信仰=FAITH の本質とは何か、それは自分の為のものか、もしくは他者のためのものか、社会のためのものか。ヨーロッパと全く文化・風土も異なり、土着的な八百万の自然神信仰が根付く日本という国に、ヨーロッパ本位の思想を押し付けても意味があるのか?遠藤周作の原作を映像でさらに補強し、その矛盾と不条理をえぐり出す強烈な作品となっていた。

Casino以降よく見られる、「その描写はいるのか?」と思えるディテールは相変わらずあって、それが長尺を生んでいるのだが、塚本晋也やLiam Neeson、イッセー尾形、浅野忠信の圧倒的な熱演でテンションが持続しており、「見れてしまう」のが作品の完成度を語る。特にLiam Neeson 演じる棄教した神父の暗いプレゼンス、悪魔的な語り口が素晴らしく、もちろん日本に帰化したという雰囲気はあまり感じられないという不満はあるものの、<沈黙>の裏=娑婆にいきる人の苦悩を体現し、イッセー尾形(彼もすごかった!)映画の後半を支えきっている点は素晴らしいといえまいか。

世界規模で他者への寛容、内心の自由が脅かされている今の時代に見る意義のある作品である。

A HAPPY NEW YEAR 2017

January 2, 2017

明けましておめでとうございます。

2016年は多くの方にお世話になりました。
また新しい年が始まりましたが、ぜひどこかでご一緒させていただいたり、お話しさせていただく機会があることを待ち望んでおります。どうぞよろしくお願いします。

昨年は、おおまかな言い方で恐縮なのですが、世界全体が「ぎすぎすした方向」へよりアクセルを踏み込んだような気がしています。主にシリアからヨーロッパへ押し寄せる難民問題、それによる欧州全土の動揺・右傾化(特にフランス!)、Brexit、そしてトランプ旋風など、他者を受け入れるよりは排斥する方が良いとする空気が世界を席巻しているように思えます。トルコから欧州への接続地帯やコロンビアを中心とした南米の国境地帯では、武装化が至極当然に進められており、南シナ海では中国と近隣諸国との緊張が極度に高まっています。そんな中、日米の首脳が広島だの真珠湾だのに訪問し合い、実質何も意味しない「和解」の言葉を語り合うのは、時代錯誤ではないかと思えてしまう最中、日本の天皇が生前に退位を決意したというのは、何か一つの時代の終焉と、その先の時代への深刻な警告のように感じられます。

で、僕たちが日々どうやって過ごしてゆくか、という話しになりますが、自国はもっともっと武装化すればよい!と物騒な言葉を息巻く人々がごくふつうにいる世の中になってしまいました。そこで、ローカールなレベルでの衝突をふっかけるのもいいのかもしれませんが、上のような世界的な「排斥傾向」の潮流で、一個人がどうしてゆくべきか、を考え続けるのが今年の(も)課題ではないか、と漠然と思っております。

僕自身は、映画という表現でそれを語ってゆくしかないわけなのですが、メタのレベルでも、ローカルで個人的なレベルでも、共感を広めてゆくのが自分の役割であるのかな、とも感じています。

みなさん、本年もどうぞよろしくお願い致します!

舩橋淳
映画作家
BIG RIVER FILMS

<< 今年の年賀状^^ >>

年賀状2017-3 copy.jpg

「雨にゆれる女」   

September 29, 2016

B9YAfMwCEAATTaw.jpg

半野喜弘 監督  2016

陰鬱な湿り気に満ち満ちた廃屋の鉄パイプ。
人がきっと血を流すに違いないと思える曇り空や、荒々しい冬の海の表情。
もはやこの世で誰の助けも借りずに生きるしかないと覚悟している男が喰うメシの音。
“映画の光”と“映画の音”を正しく捉え、“映画の人物”を正しく画面に収める感性は卓越している。
この映画的血脈の“正しさ”を、惜しげもなく画面の隅々に漲らせる半野善弘の処女作は、その予算規模に反して、贅沢な一本に仕上がってしまった。素晴らしい。

「ダゲレオタイプの女」(黒沢清 2016)

August 16, 2016

maxresdefault.jpg
黒沢清監督初のフランス語作品「ダゲレオタイプの女」拝見。

初期写真技術の現像液の水銀と毒薬に身体を侵された人間たちが、半死半生の世界を漂い続ける。

フィルムの銀盤に身を委ねることは、死への彷徨なのか、永遠の生なのか。

人物たちが生きているのか、死んでいるのか、という基本的な問いだけで、胃が引きちぎれそうなサスペンスを演出してみせる黒沢さんの手腕に脱帽。

自分の理解できない言語のドラマを演出することによる、画面の乱れが皆無であることは、本当に信じ難い。

傑作!

「みな殺しの霊歌」 

August 15, 2016

tumblr_ma6hbgFU9s1r1d5rwo1_500.jpg  
監督・加藤泰 1968  90分
出演:佐藤允 倍賞千恵子

激しすぎる。
こんな激しい映画はみたことない。

一瞬一瞬が熱湯のような映画。
加藤泰の血しぶきが全てのフレームに詰め込まれた激情の映画である。

主人公たちは常に、一点を凝視してぷるぷる震えているか、
泣き叫んでいるか、のどちらかで、
怒り狂うものと、泣き叫ぶものと、茫然自失のものたちだけで画面が占められている。

なぜだろう、いつも水が「ガッーーーーーー!」と出しっ放し全開で、汗が吹き出た暑苦しい男たちが無意味にすぐそこの建設現場で働いており、それが殺人現場に「なぜか!」隣接している。それら無意味さが正当化されるのこそが、映画であると気づかされる。

主人公、時効寸前の逃亡殺人犯(佐藤允)が心を通わす女・はるちゃん(倍賞千恵子)は場末の中華屋で働いているのだが、閉店後に入ってきた殺し屋は、「もう火を消しちゃった。店を閉じるんだよ。簡単なもんだったら・・・」と言ってるのに、わざわざ「かつ丼」を注文し、なぜかその要望は受け入れられる。「なんで?」の連続なのに、その画面があまりにも暑苦しい密度に満ちているため、見る者は納得する。

 そう、これは細部の突出の映画。さんざん見せられる有閑マダムたちのマンションも、結局全体像はわからず、闇の部屋という印象だけが残る。

 中華屋のはるちゃんと殺し屋がしんみり話す原っぱなんか、いったいどこなのか? 荒川の土手が好きだといっていたから、荒川の土手なのだろうか。
しかし、このシーン、最初は「なぜか!」佐藤の指に刺さったとげをはるちゃんが針で抜いてやり、「ぎゅっ」と出血した指をすってやるカットから始まり(意味不明だが、激しい顔のアップの応酬!!)、ポンと引いたロングショットでかろうじて原っぱ(荒野か?と思えてしまう)だとわかり、ぼんやりと薄くなったはるちゃんの横顔がなんとも美しく、記憶から消し難い。そして、また違った角度からの引きのショットへと繋がり、遠くから強烈な夕陽が二人に襲いかかる。おもむろに立ち上がった二人の間には「なぜか!」高低差があり、高いところから飛び降りるようにして、はるちゃんにダイレクトに抱きつく殺し屋がいる。その落下運動の激しさ!!
こんな細部、忘れろといっても忘れられないような演出が盛りたくさんなのだ!それらは「なぜか!」という無意味さを軽々と凌駕してゆく。

物語は、うぶなクリーニング屋の青年を輪姦した新宿クラブのマダムたち5人を、「おまえたちは寄ってたかって、一番きれいなものをめちゃくちゃに汚しやがった!そんなことがまかり通るのか!?そんなことじゃ、神も仏もねぇじゃねえか?!」と逃亡殺人犯(佐藤)が怒りの鉄拳で、一人ずつマダムを殺してゆくというもの。だが、よくよく考えると、そんなんで5人も虐殺するのか、と思ってしまう(その意見は刑事の口からも漏れており、映画中もちゃんとフォローはされている。脚本構成の秀逸さ)のだが、極端に思い詰めてしまう正義感の強い人間がえてして社会ののけ者にされてしまう、という加藤泰が込めたアイロニーが熱く画面にみなぎっていた。

映画は、「どんな理由でも殺人は罪なのか?」ときわどい問いを熱く投げかける。

殺人に走る者は、わかりやすい悪人などごく少数で、実は繊細で極端に思い詰めてしまう正義の人間が、不器用に突っ走ってしまった悲劇ばかりなのではないか。

社会で弱者、悪人とレッテルを張られる人間を擁護する熱い思いが、加藤泰の根底に流れるもの。

その熱量に僕らは圧倒され、熱狂し、共感する。

Hee <火> 桃井かおり監督

July 20, 2016

Hee.jpg

浜辺らしき強い日差しの道端で、ばしゃばしゃと水で素足を洗うワンピースの女。

男と別れ、家庭も崩壊し、その中途で人を一人や二人、殺しているのかもしれぬ。

ことの次第は、精神科医との対話の中で、少しずつ明らかになってゆくだろう。

狂っているのは、この役の女か、それとも桃井かおり自身なのか。

挿入される女のイラストが流麗で美しく、それが炎で燃えて消えてゆく描写もなんともエロチックだ。

それも桃井自身の手により描かれたという。  

新たに生まれつつある映画作家・桃井かおり自身の肉体がスクリーンにぶつけられている。

自身が狂いつつあるドキュメントと、自分のもつエロさを最大限作品に取り込もうという演出力。

脚本もほとんど1日で仕上げてしまったという桃井は、多くの刺激を体で受けとめ、一挙に吐き出す才能に長けている。

一筆書きの女は、熱く太く生きる、その鮮血の脈動を見るものにぶつけてくる。

そんな作品である。

http://hee-movie.com/

IMG_6310.JPG
3月 香港国際映画祭にて

寄稿「どん引きしている人へ――最低限の選挙マニュアル」 

July 9, 2016

ポリタスへ拙文を寄稿しました。

「どん引きしている人へ――最低限の選挙マニュアル」 舩橋淳(映画監督)
http://politas.jp/features/10/article/516